脂肪

  

情報を得る

四本の注射器

脂肪吸引は、周辺組織から脂肪を引き剥がして吸引するという治療です。
引き剥がす際に、血管や神経に多少の傷がついてしまう場合があり、そのため手術後は回復するまで体を休ませておく必要があります。
部位によっては、美容外科や提携している病院に2~3日ほど入院することになります。
当然痛みもあるのですが、これは痛み止めの薬が効く程度の痛みです。
入院する場合には病院で飲むことになりますが、日帰り手術の場合は必ず帰宅後に服用する必要があります。
また、手術した部位には包帯がきつめに巻かれることになります。
包帯で程よく締め付けることで、出血も、手術後に凹凸が生じることも防ぐことができるからです。
つまり包帯をゆるめたり、包帯が外れるような動きをすると、出血したり凹凸ができたりする可能性があるわけです。
このような理由もあって、脂肪吸引後には安静にすることが必要なのです。

包帯は1週間ほどで外すことができるのですが、その後の生活においても、サポーターやガードルを着用するなど、凹凸が生じないように気をつけることが大事です。
凹凸のない状態で安定するまでには、少なくとも1ヶ月はかかります。
その間は、できるだけキュッと締め付けておく必要があるのです。
多くの美容外科では、脂肪吸引後の専用の下着も販売しています。
これは、上半身全体や下半身全体など、手術した部位を含む広範囲をきつめに包み込むような形になっている下着です。
そのため着用することで、凹凸が生じにくくなるのはもちろん、体が全体的に引き締まっていきます。
脂肪吸引の効果で体を細くすることができる上、整ったプロポーションに矯正していくことも可能なのです。