脂肪

  

治療内容と特徴

四本の注射器

脂肪は大きく2つの種類に分けることが出来ます。
それが、内臓脂肪と皮下脂肪です。
内臓につくタイプは生活習慣の影響を受けやすく、女性に比べて男性の方が多く蓄積される傾向にあります。
この内臓脂肪は、糖尿病や高血圧症、高脂血症などの生活習慣病の原因としても知られています。
さらに、動脈硬化へ悪影響を与える可能性もあり、病気のリスクが高まると懸念されています。
適切に治療をすることにより、見た目だけではなく、病気のリスクを減らすことにも繋がります。
比較的落としやすいため、生活習慣を改善することにより早期に効果を得ることが出来ます。
ただし、極端な食事制限を行った場合にはストレスにも繋がりますので、注意が必要となります。

リンゴ型肥満は、胸の下から腹部にかけて脂肪が付いている状態を言います。
男性ホルモンの影響を受けやすいため、男性がなりやすいとされています。
食生活を見直すことはもちろんのこと、運動も生活に取り入れるようにしましょう。
有効な運動は有酸素運動です。
有酸素運動は、ウォーキングや水泳などがあります。
継続して運動をすることが重要になります。
運動をする時間がないという場合には、普段電車を利用している場合には、一駅分を歩くようにしたり、エレベーターやエスカレーターを利用している場合には、階段を利用するようにすることにより効果を得ることが出来ます。
まずは、続けやすい短時間から無理をせずに始めてみると良いでしょう。